6年思い出のつまったランドセルの処

人気だけで選んでいいの?6年間使うものだからこそ知っておき …
人気の高い完全オーダーメイドのランドセルなど受注した数だけ生産するものは、7月から8月の2ヶ月間で予約受付が終わるものもあります。後になれ … ランドセルの価格は1~2万円のものから10万円以上するものまで幅広いです。言葉通り …(続きを読む)

先日子供のランドセルについて質問をしたのですが、 来年小学校入学予定の息子がい…
先日子供のランドセルについて質問をしたのですが、 来年小学校入学予定の息子がいます。 まだまだランドセル選びは始めていませんが、保育園から様々なメーカーのチラシを頂いたり、 買い物ついでに売り場に並んでいるのを見かけたりしていると、昔と違って今は本当に色々なランドセルがあることに驚かされます。 さて、そのランドセルの質問の際にちょっと気になる回答がつきました。 「我が子の同じクラスの子が、人よりも随分と高価なランドセルを背負っています。 オーダーメイドのとっても素敵なランドセルです。 その子、全くお勉強が出来ず、お母様もプライドばっかり高くて、学校行事のお手伝いにも非協力的。その上モンスターなんです。」 小学校へあがると、こういう保護者は結構いるんでしょうか。 せっかくご回答頂いたのですが、この回答を読みちょっと怖いな、と思いました。 高いランドセルを背負っているが成績が芳しくない事を揶揄し、ちょっとヒドイなと。 小学校の保護者って、陰でこういう陰口叩いたり、実際に口には出さずとも、内心みなさんこんな事を考えているんでしょうか。 うちは息子一人で保育園なので、あまり親同士でなにやら陰口や噂話をするようなことはないし、他の子供の持ち物の事で、あれやこれや言う事もないです。 仮に、 すごく高いランドセルを持っていて(どういう基準で値段の高さが分かるのか定かではないですが)、 成績が本当にすごい悪かったとしても(他の子の成績にどうしたら精通するかわかりませんが)、 私自身なんとも思わないですし、小学校時代の成績の善し悪しで人生決まるわけないし、 成績は悪いけどいいところも沢山あるんじゃないかな、と思うくらいです。 こういう保護者、みなさんどう思いますか? この方も人の親なんですよね。 お子様は絶対に気が付いていると思うんですよね。 やはりこういう親を持つと子供も一緒になって高いランドセルを持っている子をイジメたりしそうで、 そうじゃないといいのですが。(続きを読む)

6年思い出のつまったランドセルの処理もどうして良いかわからないものです。ゴミ捨てに置いてくるのもできないし、小さなそっくりのランドセルにリメイクする事を発想したりしますが、他国の子供が使えるようにできます。大概がアフガニスタンのように戦時体制の中で学校に行っているが、殆ど物が無いところです。さておくとして6年間大切に使用したたランドセルは、その後の使い道をしっかりと考える必要があります。日々背負うもので6年間ずっと使用する良き相棒になるのですから、ちゃんとチョイスしてあげたいものです。
中でも一番両親が気をかけてあげて欲しいのが、ランドセルの重さと大きさです。

萬ゆうカバンは3種類の主材料を製造工程で使います。タフガードと呼ばれる人工の革、普通の牛革と貴重なコードバンです。。
1種類のランドセルを2つあるいは3つの材料で製造しているので、好みの皮革を選ぶ事ができます。

ランドセルの重量は、実の所軽いもので1000g位、重いと1300gになってしまいます。

それに学校で使うプリントや教科書等の、内容物が入る事を思うと、どのくらい子供たちに大きな負担がかかるか、推測するのは簡単です。
小学一年生になるのは、我が子にとってまだ見ぬ世の中への第一歩です。

心配な気持ちになる事もあると思うのですが、さらに大きな楽しみなどで零れ落ちそうになっていると思います。そのような新生活への下準備として、特に大事な事と言ったらランドセルを選ぶ事です。
男用ランドセルの色については言わずと知れた黒というカラーが圧倒的人気があります。

かなり多くの購入者が黒のランドセルを選んでいるようです。
それでも。一年前から注目を集めているのが、ヘリやマチ部、カラーステッチで抑揚を効かせた2色使いのランドセルです。天然皮革で製作したランドセルは、持って重いから選ばないというお母さん方がいますが、ランドセル製作の状況は変化していて、背負うとびっくりするぐらい軽い天然の革のランドセルが静かなブームです。

量販店にあるような人工皮革のランドセルよりも職人の技術を駆使した作品ですから価格の高いことを除けばお勧めできます。
小学校入学への備えには、沢山の事があります。かなり重要なことにランドセルを選ぶのはかなり大事なテーマだと言えるほど、真剣に取り組むことです。
パパやママだけでなく、おじいちゃんおばあちゃんも揃ってランドセルの予約に希望参加しています。ランドセルは大きいと重いし、小型だと軽くても物があまり入りません。通学途中で事故に遭遇することもあるので、手には荷物を持たないほうがアクシデントに遇ったとしても安全です。それゆえランドセルは沢山物が入る大きめのランドセルを選択するのが正解でしょう。
会社からランドセルをプレゼントされる人も、いるんですね。そうはいっても1万円しない軽いランドセルなので、使えるのかと疑問だそうです。皮革の厚みが薄かったり背カンが不安材料だと、申し伝えられたそうです。

その気がかりは現実のものになりそうです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ