月別アーカイブ: 2015年6月

通学ランドセルを決める

子供の希望をどれほど聞いてあげるか

通学ランドセルを決定するのに、どこまで子供の好き嫌いを、聞いてやってよいのかも疑問に思いますが、子供の要望も半分程度は聞いてあげたいと考えるお母さんが多いようです。一方子供の意見を聞き過ぎるのもどうかと思っているので、判断の基準が欲しいところです。子供の意見だけで決めると間違うこともあります。そこは良く親子で話あってみることですね。

また祖父母がランドセル選びに絡んでくると、話はもっと複雑になることもあります。お年寄りの考え方は女の子は赤いランドセル、男の子は黒という固定観念があることが多く、実際に子供と祖父母の間に挟まって困っているお母さんもいらっしゃいます。

デパート売り場やランドセル販売店のランドセル

デパートに行くと目にも鮮やかなランドセルが、沢山そろっています。今も売れ続けてるのは女児は赤色で男子は黒でしょうか。実はそうでもありません。女の子はピンク系が多いとも聞きます。男の子は黒系が多いのは確かなようですが、かなりのバリエーションがあります。

もしお子さんが普通のカラーとは違うランドセルを欲しいと強く言ったとしたら、買ってあげますか?私の家では、わが子の考えは聞きますが親の要望も伝えてから意見を交わして決めます。決めたら親も子もその決めたことを必ず守ります。飽きたから、嫌になったからと言って別のランドセルをあとから買うような事はしないということです。

牛革やコードバンのランドセルは、長く使い続けるとキズが入ったり、雨の日に塗らしたままだと固くなったり、手入れが大変になるようなことは全くありません。
牛革に深く防水液が浸み込ませてあるので、ポツポツ降る雨くらいでは濡れたままでも構わない程、防水機能が向上しています。

自然皮革のランドセルはどうですか

牛や馬の革で作ったランドセルの寸法が大きくなると、どれぐらい重くなるのか気がかりです。それでなくても、人工皮革よりも重いと皆さん思っているんですか。実際に少し重くなっていますが、これは致し方ない事です。一方で楽に背負える事がとことん研究されているので、背負ってみると軽いなあと体感するのです。

平成27年度は今までより拍車をかけて牛革やコードバンのランドセルが人気を集めそうです。天然皮革で製作したランドセルは、持った時に重くて選択肢から外すママがおられますが、現在はかなり事情が変わっていて、しょってみたらかなり軽く感じます。

それに自然皮革の工芸品と呼べるランドセルが人気です。9割を占める人工皮革のランドセルよりも職人の技術を駆使した作品ですから価格の高いことを除けばお勧めできます。

祖父母がからむとランドセル選びが難しい事も

お祖母さんが、ランドセルを揃えてあげるからそろって見学に行こうと息子に話しました。しかし、秋のお誕生日くらいにとこちらからはっきりと伝えていたのに、姑が自分だけの判断でデパートメントストアでランドセルを注文してきたと言いました。我が息子の願いなど全く無視して決定してしまったのです。何でそうなるのよとストレスが溜まっています。

ランドセルを購入する時期にも悩みます

ランドセルを買う時期をいつ頃が適当なのか迷うものです。昔はお正月の頃が、ランドセル売り場が一番賑わった頃なのですが、今は随分早くなってお盆の帰省時が一番購入しているそうです。

平成27年には5月の連休あたりから、早期にランドセル販売をする専門店がありました。ランドセルの山本の2016年度初めて作られるランドセルは、1種のみです。

去年までのランドセルの品数は同一で、カラー、性別の違いでランドセル廃止などの違いが些細な違いがあるようです。

2016年度は1年かかって13000ものランドセルを、全部製作する計画のようです。ハンドメイドで1万3千点を作るなんて凄いです。

メインポケット比較

主だったメーカーのランドセルのメインポケットを比較したいと思います。

メインポケット比較

  内寸 画像
萬勇鞄  横幅235×奥行120×高さ320㎜  a4flatfile2
 鞄工房山本  横幅233×奥行115×高さ310㎜  0613main-poket2
 フィットちゃん  横幅233×奥行120×高さ310㎜  0613fit-matinasi-pocket

 メインポケットの大きさ比較検討

メインポケットの容量はどのランドセルメーカーも増えています。A4フラットファイルが入るだけでも手提げ袋にA4フラットファイルを入れる必要がないので、両手が塞がりません。この両手が塞がらないことは大事なことなんですね。なぜなら、手が塞がっていると、転んだ時に手が着けずに怪我をしやすいからです。

今の子供たちは、転んだ時に手を着けない子どもが多いようですね。昔では考えられなかった事ですが、外を駆け回ったりするような経験が少ないからでしょうか。また車に対しても咄嗟に動けないと深刻な事にならないとも限らないでしょう。

2015poclket8cm事故やアクシデントに対応するために、手には何も持たずにフリーにしておくことは大事なことではないでしょうか。そのためにはランドセルの中にできるだけ入れられる方が良いのです。そういう意味ではどれも合格点ですね。一番大きな萬勇鞄を1位にするのもありですが、鞄工房山本の優劣はつけがたいポーチポケットにマチがあるでしょう。マチがあるから結構沢山の物が入るんです。

だから鞄工房山本を1位にしても良いとも言えます。フィットちゃん然りです。結論を言えば甲乙つけがたいというところですね。好みで決めても良いほどどれも良いですね。

6orague

毎年6月下旬には新規のランドセルが出そろいます

6orague毎年6月下旬に達する頃には新規のランドセルラインナップも全て製品になって、販売サイトも新しくなり、2015年のランドセルが、商品として並びます。平成27年は新製品は多くは無いのですが、少なくないランドセルがa4ノートブックファイルの入るサイズに少し大きくなっています。次のような困った例もあります。
義理の母が、ランドセルを注文するから同伴して買おうと男の子に話しました。この秋の誕生会の頃にと話していたのに、姑が独断でデパートメントでランドセルを頼んできたと伝えてきました。我が息子の願いなど全く無視して決定してしまったので、どうしたものかと腹立たしい気持ちになります。
小学校に入るのに必要な準備には、色々とあります。
一番は、ランドセルを決めるのは一大イベントといっても良いぐらい、力を入れてやる事です。

父さん母さんだけでなく、祖父祖母も一緒にランドセルの選別に望んで参入しています。

女子は愛らしいランドセルを選ぼうと意識が集中しますが、大変に愛らしいと上学年になったときに、以前のような感動はなくなってしまったり恥ずかしくなって背負いたがらなくなります。

そうはならないためにも基本的なランドセルを選択することをおすすめします。海の外でランドセルが大人気だそうです。私たち日本で作るランドセルは簡単に壊れないよう作られていて、デザインもお洒落だと認知されているそうです。それだけによその国から来た人がお土産として、一杯買って帰っているそうです。ランドセルが身体にぴったりしているかは、2つの条件を教えてもらえばわかります。
両肩に不均一な重さがかかれば、とっても嫌な感じです。肩紐が接する面が広く、肩とベルトに間隙が無く快適なら、本人に適しています。
肩ベルトを合わせて、ランドセルを垂直に起こしたときに、背中に背あての違和感がないことです。

ランドセルは小学校6年間学用品を運ぶので、子供が欲しいものも候補に挙げて、手間暇かけて考えたいことですね。

小学1年の始まりはランドセル購入から始まっています。

天然皮革で作ったランドセルのメインポケットのサイズが大きくなると、重くなるのではと気がかりです。やはり多少は重くなっています。

ですが、気持ち良く背負えることがしっかりと対応しているので、背負ってみると割と軽いのです。

2016年度はもっと傾向が強くなって工房系のランドセルが大きく見直されるでしょう。

6sharumu-taf

コードバンなど高級革で造ったランドセル

6sharumu-tafコードバンなど高級革で造ったランドセルは、持った時に重くて選択肢から外すママがおられますが、最近はすごくランドセル事情が変化して、使ってみたら案外軽いのに驚きます。今天然の革のランドセルが静かなブームです。

量販店にあるような人工皮革のランドセルよりもワンランク上で、どこに出しても恥ずかしくないですから高いかもしれませんが後悔はしないでしょう。

高級ランドセルでも金属アレルギーは防げない場合も

ランドセルに使われている金属が、子供のアレルギーを引き起こす事があるのを聞いたことがありますか?汗をかくシーズンになるとほんのわずか金属が汗に溶け出します。それが衣服を通して、皮膚にべったり付着し、汗から浸透して予想もしなかったアレルギーを発症することがあります。もしお子さんが、今アレルギーを持ってるなら、金属アレルギーを示すかもしれないので、パッチテストをやってくれる皮膚科で検査してみましょう。

ランドセルの購入時期が早まっているのは確かです。

ランドセルを手に入れる時節が毎年毎年少しずつ早くなっています。少し前まではお正月ごろが、購入する人が多かったですが、前年はお盆が販売の山場でした。お盆に最も売れたいきさつは、爺婆とお盆休みの田舎で会って、ランドセルをおねだりする供に買いに行く子供が多いからだそうです。

男の子はランドセルに頓着しません

男子はランドセルの使い方が全く無頓着になるので、破れてしまうこともありえると心得ていた方が良いです。不注意で壊れたら保証は効かないので、壊れないというランドセルを選択する方が正解でしょう。自然素材の革のランドセルの大マチの寸法が大聞くなると、重さが気になる所ですね。

少しは重くなるのは仕方ない事です

多少重くなっても、楽に背負える事がとことん研究されているので、背負ってみると軽いなあと子供もお母さんも体感できるのです。2016年度はこれまで以上に自然皮革のランドセルが大きな支持を得るでしょう。2016年度のランドセルの変化はより一層大きなサイズになる傾向が顕著です。なぜそうなるかというと、A4ポケットファイルの入るランドセルが一般的になりつつあるということです。自然皮革で作るランドセルが販売数に占めるシェアが大きくなるでしょう。天然の革でランドセルを作るメーカーに消費者の声の結果としてそのように出ています。

ランドセルをネットなどで頼む時期をいつにするのかは悩みの種です。

以前は年が明けてからが、ランドセル販売のピークだった時ですが、今一番売れているのは祖父母と供に購入できるお盆の頃です。2015年は5月の連休に、春が過ぎたら早々にランドセルを売る流通大手がありました。通学ランドセルを決定するのに、どれほどおこちゃまの言う事をどこまでおこちゃまの好き嫌いを、親の考えをいれずに聞いてよいのかも割り切ることはできませんが、おこちゃまの考えを全く無視するのもいけないと思いやる母親も多いようです。だけどおこちゃまの気持ちだけを真ん中にしすぎるのもちょっとオカシイと思いので、選ぶための方針がいります。おこちゃまだけで決めると間ちがうこともあります。

6farasha-gyuu

女の子は可愛いランドセルを選択します

6farasha-gyuu女の子は可愛いランドセルを選択しますが、誰が見ても可愛らしすぎると上学年になっ立ときに、マンネリになってしまったり気恥ずかしくて背負うのを嫌うようになります。それを予防するように見た目がシンプルなランドセルを選んだ方が無難です。
ランドセルを手に入れる季節が年々早くなっています。

何年前かは正月三箇日が、購入の山場でしたが、昨年は盆が一番売れた時期でした。

お盆に売れたワケは、母方父方の爺ちゃん婆ちゃんとお盆休みの田舎で会って、ランドセルを購入して貰う孫が増えたからだ沿うです。ランドセルの決定は使用するコドモが欲しがる通りを使うわが子の願望を、叶えてやって良いのかも分かりませんが、コドモの考えも聞いてやろうと何とか配慮するママも少なくないようです。 続きを読む

6fine-cow

事業所からランドセルを貰う

6fine-cow事業所からランドセルを貰う人も、存在するようですね。

しかし1万円前後の軽いランドセルなので、使えるのかと疑問だ沿うです。革の薄さが目立ったり背カンの品質に疑問符がつくと、申し伝えられた沿うです。その不安材料は具体的になり沿うです。

ランドセル手に入れるまでの体験談を聞いたので伝えます。 続きを読む